残業代の未払い請求ガイド

法定外労働時間とは? - 残業代の未払い請求ガイド

法定外労働時間とは?

残業したのに、残業代が出ない…といった時、法定外労働時間について知っておく事が大切です。
そもそも、「法定」というのはどういう意味なのでしょうか。
労働時間とは、労働基準法によって定められている『1日8時間以内、かつ1週40時間以内』という枠内で確保されるべきものとされています。
これに、休日は週に1日以上設けるというのが原則です。
この労働基準法によって定められている労働時間のことを「法定労働時間」と呼ぶのです。

ただ、労働時間とされているのがどこからどこまでなのかというのが曖昧になっているのが現状です。
判例では、「労働者が実際に労働に従事している時間だけではなく、労働者の行為が何らかの形で使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」が労働時間のくくりだとされており、これが1日8時間以内、かつ1週40時間以内だというのが法定の枠内となります。
この基準からすると、例えば休憩中に電話番を任されている時間も拘束をされていると見なされ、労働時間に加算されます。
そして、通勤時間は労働時間として該当しません。
使用者の指揮命令下に置かれているもの、と評価されないためです。
法定外労働時間は、こうした基準以上に労働時間が多くなってしまう場合のことを指して言います。

では、労働時間が会社独自に設定されている場合、どうなるのでしょうか。
こうした、使用者側が定める労働時間のことを「所定労働時間」といいます。
もちろん、1日8時間以内、かつ1週40時間以内の枠内で設定されなければなりません。
場合によっては、7時間労働としている会社もあるでしょう。
この所定労働時間を超える残業時間については、割り増しが発生しないという決まりがありますので、注意が必要です。

残業代請求のための専門相談窓口

top